発毛なう | マジで生えた若ハゲのブログ・効果のあった方法は?

20代から薄毛で悩みザビエル化した僕が、フィナステリドとミノキシジル・通販のサプリを使って奇跡のV字回復した方法。おすすめの育毛剤もこっそり紹介するブログ

フィナステリド

プロペシアからフィンペシアに切り替えても効果は変わらない?

投稿日:

AGA治療薬として最も有名なのがプロペシア。しかし毎回病院へ通い処方してもらう必要があるのと金額的に高額なことから、ジェネリックのフィンペシアが圧倒的なコストパフォーマスンスで大人気となっています。

フィンペシアに切り替えた人の中には「効果が薄れた」と言っている人も見かけますが果たして本当でしょうか?

フィンペシアは本当に効果があるのか?プロペシアから切り替えても問題ないか?そのへんをまとめてみました。

フィナステリド、プロペシア、フィンペシアとは?

男性型脱毛症(AGA)はジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンが原因です。髪の毛の脱毛作用が非常に強いホルモンで、大人になってから体内でこれが生成されるとどんどん薄毛が進行します。そのジヒドロテストステロンの生成を抑える働きをするのがフィナステリドという成分です。

フィナステリドの内服は日本皮膚科学会が発表した論文でもA評価(行うよう強く勧められる)に分類されています。AGA治療にはフィナステリド錠を服用することが欠かせないものです。

「AGAはお医者さんに相談だ!」っていうCMを見たことがあると思います。そして実際に皮膚科へ行くと処方されるのが「プロペシア」というフィナステリド錠です。

プロペシアの値段はまあまあ高額です。しかし厄介なことにAGA治療は保険がききません。もちろん薬の代金は全額自己負担、そして処方してもらうための毎回の診察代も必要なうえ全額自己負担です。

せっかくきちんと治療したいと思っても経済的な事情から継続するのをあきらめてしまうケースが多く、価格が高すぎるとの声がありました。

日本ではファイザー社を中心にプロペシアのジェネリックが発売されましたが、実際にはほとんど値段の差はなく利用している人はあまり見受けられません。

「プロペシアは高すぎる」「日本のジェネリックも高すぎる」そこで多くの人に利用されているのが海外で流通しているジェネリックなのです。通販業者を利用して個人輸入すると大変安く購入することができます。

プロペシアのジェネリックは何種類かありますが、その中でも圧倒的なシェアを誇ってきたのがインドのシプラで製造されている「フィンペシア」です。管理人の私もAGAの治療を開始した時からプロペシアではなく、このフィンペシアにお世話になってきました。

私のように最初からフィンペシアを服用している人も多いですが、プロペシアから切り替える人も非常に多いです。

  • 処方されるがままプロペシアを飲んでいたけど、途中で格安のジェネリックがあることに気づいてフィンペシアに切り替える人
  • 本当はプロペシアの方が良いけども経済的な理由で継続することが困難な人

このような理由が多いです。

プロペシアより圧倒的なコストパフォーマンスで根強い人気があるフィンペシア。しかし安かろう悪かろうでは意味がありません。メリットばかり注目されていますが果たして効果や副作用などデメリットはないのでしょうか?

価格の違い、効果に差はあるか?、プロペシアからフィンペシアに切り替えても問題ないか?実際に切り替えた人のレビューをまとめました。

値段の違い

プロペシアを病院で処方してもらう場合、診察料も含めて毎月1万円くらいのコストがかかります。特別な治療をしてもらうわけではなく処方してもらうだけでだいたいこれだけ必要になってきます。

プロペシアを通常よりも安く購入したいのであれば個人輸入する方法があります。為替によって値段は若干変化しますが、個人輸入なら28錠入で5,200円くらいです。

>>プロペシアの現在の価格をチェック<<

1ヶ月あたり5,600円くらいなので、病院で処方してもらう半額近くのコストに抑えることができます。それでも私のように少ないお小遣いでやりくりしているサラリーマンには手痛い出費です。

ですがジェネリックのフィンペシアならこれより格段に安い価格で購入することができます。「えっ?見間違い?」って思っちゃう程めちゃくちゃ安いです。価格の違いを表にしてみました。

1錠あたり 1ヶ月
プロペシア
(病院で処方)
333円 10,000円
プロペシア
(個人輸入)
186円 5,600円
フィンペシア
(個人輸入)
27円 810円

価格の変動が多少ありますが、2箱(200錠)を購入した場合1錠あたり27円にまで下がります。圧倒的な安さです。

フィナステリドは順調に毛量が回復しても、服用を中止するとヘアサイクルが元に戻って薄毛が再び進行してしまいます。もし死ぬまで禿げたくないと思うならこの先一生服用し続けなければなりません。なので1箱の値段よりもこれから継続していくといくら費用がかかるのか、長いスパンでのコストを考えていく必要があります。

1年 5年 20年
プロペシア
(病院で処方)
120,000円 600,000円 2,400,000円
プロペシア
(個人輸入)
67,200円 336,000円 1,344,000円
フィンペシア
(個人輸入)
9,800円 49,000円 198,000円

20年間で約250万円。経済的に全然問題ありませんか?私はムリです。考えるだけでゾッとします。

一方フィンペシアなら年間1万円以下です。4日間のうちたった一本だけ缶コーヒーを買うのを我慢するだけで続けていけます。

>>フィンペシアの現在の価格をチェック<<

成分と効果の比較

いくら価格が安くても効果に差があったとしたら問題です。両者の成分に違いはないのでしょうか?

プロペシアもフィンペシアもフィナステリド錠です。フィナステリド成分ががきちんと含まれているかがカギになります。

プロペシアとフィンペシアの大きさ比較

左がプロペシア、右がフィンペシアの錠剤です。フィンペシアは粒の大きさがプロペシアより一回り小さくなっています。粒が小さいということは成分も量も少ないのでは?と考えてしまいそうですがどうなのでしょうか?

プロペシアとフィンペシアのフィナステリド量

どちらも有効成分フィナステリドの配合量は1mgで違いはありません。(プロペシアは0.2mgのタイプもある)

臨床試験のデータではフィナステリド1mg投与を3年間継続すると98%の人がAGAの進行が見られませんでした。つまりAGAに効果があるかないかはプロペシアかフィンペシアの違いではなくフィナステリドがきちんと1mg入っているかがポイントだということです。

個人輸入の危険性と対処法

偽薬が出回っている

プロペシアとフィンペシアはどちらもフィナステリド1mg配合で有効成分に変わりはないので効果は同じであるといえます。

しかしそれはインドのシプラ社が製造した本物のフィンペシアであった場合の話。もし個人輸入したフィンペシアが偽物だったとしたらどうでしょうか。

バイアグラなどのED治療薬などを中心に海外通販で購入した医薬品の偽物が日本でもたくさん見つかっています。

ニセモノが半数?医薬品の海外通販は要注意!

残念ながらプロペシアやフィンペシアにも偽物が存在するといわれています。もし偽物を服用したとしたら全く効果はないでしょうから当然AGAはどんどん進行してしまいます。今まで順調良く回復していた人の場合、偽薬を服用してしまうと今までの努力が水の泡になってしまいます。効果がないだけならまだしも、変なものが偽薬に含まれていた場合は体にどんな悪影響がでるのかわかりません。

個人輸入は良い品物が安く手に入るので多くの人から支持されています。しかし偽物のか危険性があるので、間違いなく本物を取り扱っている業者からじゃないと絶対に購入してはいけません。

個人輸入は鑑定書付きの業者で

フィンペシアを購入するにはオオサカ堂を利用するようにしましょう。オオサカ堂のフィンペシアは香港にある世界的な試験施設STCできちんと成分鑑定を行っているものなので安心して購入できるからです。
STC (香港標準及び検定センター)

鑑定書は誰でも閲覧できるようにオオサカ堂の商品ページで公開されています。英語の鑑定書なので日本人には少し読みにくいですが公開されている鑑定書を見てみると「Finasteride 1.00mg/tablet」ときちんと書かれています。(書類の真ん中やや下の辺りです)

PCからの場合
フィンペシアの鑑定書

スマホからの場合

大事なことなのでぜひご自身で確認してから購入するようにしてください。

ちなみにプロペシアの鑑定書ももちろんあります。こちらはSTCと日本の鑑定機関のもの1枚ずつが掲載されていました。

偽物を服用すると危険なので、これらの薬を個人輸入する際は必ず鑑定されたものを購入するようにしましょう。オオサカ堂を利用すると安心です。

切り替えた人の貴重な体験談

管理人の私も今までフィンペシアを服用してきて満足のいく結果が得られています。でも私の場合はプロペシア経由ではなく一番初めからフィンペシアでAGAの治療を開始しました。

効果は同じだとわかっていても、今までプロペシアを飲んできた人は少なからず切り替えることに不安もあるのではないでしょうか?そんな人は実際に切り替えた人の体験談を参考にすると良いです。

プロペシアからフィンペシアへ途中で変更した人たちの貴重な声をまとめてみましたので一部紹介します。

プロペシアと変わりなく効果がある人がほとんど

プロペシアを処方してもらっていましたが、コストが安いのでフィンペシアに移行しました。値段が安いので効果も落ちるのでは?という不安がありましたが、プロペシアを飲んでいた頃と全く変化はなく効果は同じです。
フィンペシアに切り替えてから1年を経過しましたが順調に効果が持続しており満足しています。以前はプロペシアを処方してもらっていましたが、これからも継続していくには金銭的にかなり厳しいのでフィンペシアに切り替えました。この値段なら今後も問題なく継続していけますし、効果が同じなら安い方が絶対いいに決まってる。
プロペシアと変わりなく効果は絶大です。切り替えたことによる副作用等もまったくありません。最初は個人輸入に抵抗がありましたが、やってみると輸入しているという感覚はなく日本の通販と同じように簡単に購入できますよ。届くのも早いし安いし手軽に利用できるので本当に助かります。これからもお世話になります。
長年プロペシアを飲んでいました。半年前にフィンペシアに切り替えましたがなんの変化も感じません。これだけの期間が経過しても変化がないということはプロペシアと効果が同じだということですね。値段は圧倒的に安いのでこれからもフィンペシアで継続していきます。
プロペシアはあまりに高額でした。金銭的に今後も継続していくのは厳しくなったので泣く泣く個人輸入のフィンペシアに切り替えてからもう3年が経過しました。効果が落ちるのではないかと心配していましたがそんなことはなく、順調に効果が表れています。この値段なら今後も問題なく続けられます。
フィンペシアは値段があまりにも安いので効果もそれなりなのかもしれないと思っておりました。切り替えて2年経ちましたが、結果は薄毛が気にならないレベルまで回復していて満足のいく効果を得ることができました。ジェネリックでも全然問題ありませんね。
以前は病院で処方してもらったプロペシアを服用していました。ですが継続して服用するにはあまりにも高額で金銭的に厳しくなり飲むのを途中でやめてしまいました。すると順調に回復していた髪が再び薄くなり始めました。自分で調べたところフィンペシアというコストが安いジェネリックがあることを知りあわててオーダーしました。現在フィンペシアを飲み始めて6ヵ月になりますが効果がはっきりと出ています。気のせいかもしれませんがプロペシアを飲んでいたころより効果が大きいのではないかと感じます。
40代前半から飲み始めてフィナステリド歴8年です。はじめは正規品のプロペシアでしたが、格安のジェネリックがあることを知って途中からフィンペシアに切り替えました。20代のようなボリュームとはいきませんが50歳を過ぎても順調に維持できています。この8年間すごい効果を実感していたわけではなかったのですが、飲み始める前に私と同じレベルの薄毛だった人たちのハゲレベルがどんどん進行していっている様子を見ると「もしフィンペシアを継続していなかったら私も今頃あんな風になっているのかも」と恐ろしく思います。飲んでいない人と比較してみるとフィナステリドの効果を本当に感じますね。
プロペシアからの移行でフィンペシアを飲んでいます。長年服用していますが効果の違いは感じませんし副作用も全くありません。違いは値段だけだと思います。
切り替えてから長年経ちますがプロペシアと変わりない効果を実感できています。懸念された肝臓への影響も毎年の健康診断で今のところ問題は出ていません。もちろん今後もこのまま継続します。

マイナス意見もあるが薬の影響とは思えない

フィンペシアに変えてから半年が経ちました。今まで順調だったのにここんとこ抜け毛がまた増えてきました。このまま継続すべきか検討中です。
フィンペシアに切り替えて半年が経ちましたが、抜け毛がまた増えてきた気がします。私にはプロペシアの方が良かったのかもしれません。
数年前にプロペシアからフィンペシアに切り替えました。どちらも違いは感じないので効果も同じだと思います。ただ季節によって抜け毛が多くなるタイミングはありますね。
もしかしたらプロペシアより効果があるかもしれません。金銭的な面でフィンペシアに切り替えましたが、こちらに変えてから髪を洗った時の抜け毛が減ったように感じます。

これらの意見は薬以外の2つの要因が絡んでいる可能性が高いです。

まず、全くAGAとは関係ない人でも1日に50本~100本の髪の毛は自然に抜けます。そして年間通じて量は常に一定ではなく、季節の変わり目など人によって年間で抜けやすい時期というものが必ずあります。

普通の人は抜け毛の量など普段気にしていないので、この変化におそらく気づきません。しかしAGAでお悩みの人は抜け毛の量に敏感です。たまたま抜けやすい時期の抜け毛の増加にも気が付いてしまいます。そしてそれを薬の影響なのではないかと不安に感じてしまうのです。

もう一つは思い込みが影響している可能性です。全く効果のない偽薬を風邪薬や痛み止めだと嘘をついて投与すると本当に改善することがあります。私も子供のとき親に「お熱に効く薬だよ」と言われてオレンジジュースを飲まされて、本当に熱が下がってたみたいです(笑)

これはプラシーボ効果といわれるものです。プラシーボ効果(ウィキペディア)

反対にノセボ効果というマイナスの思い込み症状もあります。「今飲んだのは毒薬だよ」と言われて信じ込むと、そうではないのに本当に体調が悪くなったりします。プロペシアからフィンペシアに変更して「効かなかったらどうしよう」「副作用が出るかもしれない」と極度に不安視すると本当にそのようになるかもしれないのです。

フィンペシアが本物であれば基本的に効果も同じです。効果が落ちたという人もいますが、これらの要因が絡んでいる可能性が高いと思われます。

逆にフィンペシアに変えたら効果がアップしたという人もいましたがそれも薬のせいではないでしょう。「たまたま抜け毛の少ない時期が重なった」「期待感など良い方向に思い込み効果が発生した」「金銭的な問題から解放されてストレスによる抜け毛がなくなった」まあこんなとこでしょう。

よりたくさんの人のレビューを参考にすべし

Amazonなどネットで新しい商品を購入するとき、その商品の購入者が投稿したレビューが非常に参考になりますよね。オオサカ堂も購入者のレビュー投稿制度を設けていてとても参考になります。

そしてフィンペシアは人気商品につき特にレビューの数が多いです。PCからだと>>1000件のレビュー<<のところをクリックすると購入者が投稿したレビューが見られるのですが、実際は1000件だけじゃなくてなんと8000件以上ありました。

フィンペシアのレビュー

プロペシアから切り替えたという投稿もたくさんあります。これだけたくさん投稿があると「年齢」「薄毛の進行度合い」などあなたに似たケースの体験談もたくさん見つかると思います。オオサカ堂のカスタマーレビューは必ずチェックするようにしてください。

スマホからは下へスクロールしていきカスタマーレビューをクリックしてください
オオサカ堂スマホからレビュー

悔しいですが、私のブログ内容より参考になると思います(笑)

まとめと関連リンク

  • 効果はプロペシアと同じ
  • スマホからでも簡単に購入できる
  • なんといっても安すぎる

以上のことからやはりプロペシアよりジェネリックのフィンペシアの方に軍配が上がります。

フィンペシアなら月額1000円かかりませんからんね。

AGA治療にフィナステリドは必須アイテムですが、毛生え薬というよりヘアサイクルを改善してAGAの進行を食い止めるという要素の働きなので、毛を生やすには他の治療と併用するのが望ましいです。始めはフィナステリド単体で始めるのもアリですが、AGAがかなり進行してしまっている場合フィナステリドだけで回復させることは厳しいので他の発毛効果のあるものと併用していく必要があります。

そうなればどんどん出費がかさみますよね?プロペシアを病院で処方してもらうとそれだけで毎月約1万円。そこに他の治療費までかかってくると経済的にかなり厳しくなります。

それに比べてフィンペシアにしておけば毎月約800円。浮いた9,200円で他の治療費に充てられますし、それでもお釣りがくると思いますよ。

いきなりフィンペシアに切り替えるのに抵抗がある場合、オオサカ堂のカスタマーレビューでも見かけましたが、プロペシアとフィンペシアを一日おきの交互に服用する手があります。これだけでもかなりコストダウンできます。

一定期間で徐々にプロペシアの割合を下げていき、最終的にフィンペシアに乗り換えればいいのではないでしょうか。

どうしてもこだわりがあってプロペシアじゃないといけないという人は、せめてプロペシアを個人輸入するといいです。病院に処方してもらうよりは半分くらいのコストで済みます。

>>プロペシア<<

>>フィンペシア<<

-フィナステリド

Copyright© 発毛なう | マジで生えた若ハゲのブログ・効果のあった方法は? , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.